山菜筍祭りでウコギ一派に感謝!

前回の独り山菜天麩羅祭りは・・・

フキノトウへの思い入れからつい飲みすぎてしまいましたが、

shiriagosan.hatenablog.com近所の竹山でもあちこちでニョキニョキと春の幸が。

f:id:shiriagosan:20210411073837j:plain

山菜祭り第二弾の筍尽くしの宴もそろそろか?と皮算用の4月上旬の朝、出勤で玄関を出ようとした所で、ドアが開かないというハプニングに。

まったく・・・この忙しい時に、激怒プンプン丸だぞ!等と呟きながら勝手口から玄関に廻ると・・・まあ何という事でしょう。

大きな筍が4つも転がってますがな!これはドアも開かんわ(笑)。

何とも荒っぽい近所の農家の方からのサプライズお裾分けでした。

思わず、筍に合うワインは・・・?等と考えていました。

 

そんでもって仕事帰りにスーパーでアルコホル類を調達していたら・・・ついでに見つけちゃいましたよ、奥さん!

山形県たらの芽! 遠路はるばるご苦労様です(笑)。

f:id:shiriagosan:20210414212125j:plain

山菜の王様などとも呼ばれていますが、

一方でシドケこそが山菜の王様だ!と鼻息荒く煽ってくる一派もあったりで、見かねたイタドリ辺りが、そっタラこと、大概にシドケ!

と言ったとか言わなかったとか(笑)。

因みに、山菜の女王はコシアブラという事で何故か?異論は無いようですな(笑)。

良くは分かりませんが、演歌界の美空ひばり的な優位性の存在という事でしょうか?

存在感で言うと子供のころ食べていたダイミョウ竹などの筍一派や庶民の味方ツワブキなんかも黙っとらんでしょうな。

調べて見たらたらの芽コシアブラウドなどの山菜からヤツデカクレミノの観葉植物一派、高麗人参等の漢方薬までこれら皆ウコギ科の仲間なんですな。また一つ賢くなりました。

ウコギ科って、ちょっと言い難いんですが、隠れた実力者集団だったのですな!

もっと広く尊敬されても良い様な、何なら大々的に表彰したいくらいですが・・・って、話がどんどん逸れていって、済まん済まん。

 

そして数日後、山菜天麩羅祭り第二弾!筍とゆかいな仲間たち!&パルマ産生ハムと春摘みルッコラのサラダの宴。パチパチパチ・・・

f:id:shiriagosan:20210414212037j:plain

前回同様ヒマラヤ産ピンクソルト&おろし天つゆで頂きました。

今回も都合によりパルマ産生ハムと春摘みルッコラのサラダはお休みですが(笑)。

筍は天麩羅の他にも中華丼と炊き込みご飯に。

それにしてもビールが美味い季節になってきましたな!

等と独りしみじみ考えている内に、あれれっ?何だか・・・天井が回っている様な(笑)。

f:id:shiriagosan:20210411212405j:plain

      たらの芽もまた来年か・・・

 

 

 

 

 

 

春の伊良湖でサイクリング!・・・②

前回の伊良湖サイクリングの続きです。

shiriagosan.hatenablog.comベタな絶景ポイントで握り飯頬張りながらしばしぼんやり

f:id:shiriagosan:20210407213034j:plain

このぼんやりの時間も人生には大事ですな。天気も最高!ぼんやり最高!

その後、緩やかな下り坂を一気に駆け下りそのままの勢いで伊良湖の先端に近い恋路が浜食堂で焼き大アサリと思ったのですが・・・まあ何とも想定外の賑わいに。

f:id:shiriagosan:20210404172437j:plain

ったく・・・こいつら他に行くとこ無えのかよ、ケッ

長渕風に吐き捨て(笑)、密を避けるべく灯台下の激坂をヒイヒ漕いで伊良湖方面へ。この辺りから座骨周囲の圧痛が少し気になる様に。

心なしか風も強くなって来たような。

 f:id:shiriagosan:20210404172433j:plain

港周辺をゆっくり走りながら堤防釣りや鳥羽行きのフェリーの出入りを眺めたり、海水面のさざ波のキラキラを見ていると・・・

眠たくなってきますな(笑)。

f:id:shiriagosan:20210404172405j:plain

道の駅で食糧調達し芝生広場?の休憩所で横になって青空を眺めて一休み。懸念していた黄砂の影響も杞憂でしたな。

ビール飲みて~!

贅沢な気分に思わず顔もにやけてきます。

傍から見たら完全に危険人物ですな。

f:id:shiriagosan:20210404172448j:plain

ビクッ!と痙攣する感覚で目が覚めました。

調べてみたらジャーキングと言うらしいのですが、いつの間にか眠ってました。

後半戦は内海沿いのコースを北上しますが・・・どうにも体が重たいと思っていたら結構な向かい風に。

よせばいいのに、それならばと変なスイッチが入って徹底的に体をいじめたくなりペダルを踏む脚に力をいれるも程なく、

すんませんギブ・・・です。いやはや・・・

風を避けて弱々しく内陸よりの259号線経由で福江方面へ。

何度か尻休めの休憩も取りながら、福江小学校手前の信号を右折、半島縦断で再び太平洋岸に。太腿もピクピク痙攣しかけていますが(笑)。

f:id:shiriagosan:20210405075821j:plain

ただ・・・このまま終了がもったいないくらいの天気で、ゴールの赤羽根港からそのままサイクリングロード伝いにもう一走り。

疲労と尻の痛みはいつしか快感に・・・あっいや変わらへんて(笑)。

ロングビーチの激坂をヘロヘロになって片脚攣りながらも登りきるとモニュメントが迎えてくれました。

f:id:shiriagosan:20210405075759j:plain

溺れて流されるカッパか?と思いましたな。

台座の飛翔の文字とはどうにもミスマッチに思えて、独りゲラゲラ笑ってました。

 

ひとしきり笑ったら県道沿いに尻の痛みと戦いながら再び終点の赤羽根港へ。

休憩多めの4時間ちょいのライドでしたが、久しぶりにサイクリングの楽しさを再認識しましたな!

f:id:shiriagosan:20210407212959j:plain

 隊長、筍発見!取り敢えず小便かけときます。




 

 

 

 

 

 

 

 

春の伊良湖でサイクリング!

3月は週末の度に天候が悪化する悪循環で・・・月末の休日も恨めしく天を仰ぎつつ、地味にロードバイクの整備なんかしておりました。

shiriagosan.hatenablog.com

10年以上の付き合いになる愛車ビューティフルサンデー号(笑)もあちこちにガタが来る齢になり、ブレーキシューとリアタイヤもエア漏れが早くなってきたので思い切って交換。

タイヤは3年前から太めのIRCチューブレス25mmを使っていますが、今回はモデルチェンジした最新の28mm幅を初めて装着。

それがねえ奥さん!ホイールに装着する時点でもうゴム素材の質感がもっちりとしなやかで、いい意味での進化を感じましたな!

グリップや乗り心地(クッション性)もかなり期待出来そうな予感!

何かもうすぐにでもそこら辺を走りたくなる様な高揚感というんですか?

そんなテンションのままシーズンのスタートを何処にするかで悩みつつも海を眺めながらのんびり体慣らしも兼ねたライドを計画。

この前、浜松の道の駅で貰ったパンフレットも気になっていたので、

f:id:shiriagosan:20210404234946j:plain

伊良湖周辺の潮風を浴びて菜の花を愛でつつ何なら焼き大アサリでも食べて帰るか?

色々考えていたら夜も眠れませんでしたがな(笑) 。

小学生かよ!

鼻息も荒く朝早くから準備していたのですが、久々だったのでサングラスや手袋の相棒の捜索に難渋したり、なんやかんやで時間だけが過ぎていくという・・・あっ握り飯!忘れるとこやった。

4月3日AM10:40 赤羽根港着。ここを起点にまずはサイクリングロード経由で伊良湖を目指します。薄曇り弱風で気温は18℃。

サイクリングロードは所々手直しされていて以前ほどは酷い状況ではないのですが・・・がけ崩れ注意の表示板や場所によっては砂利や砂溜まりでヒヤヒヤする所も。

10分ほどで体も温まり、心地よい海風に自転車も快調そのもの。

走りだしてすぐに後輪28Cタイヤのエアボリュームとモチモチ触感の効果を実感、荒れた路面や小さなギャップの連続でもタイヤが暴れる事も無く好印象。 

結構はっきり分かるもんですな!

すっかり気分良くなって、思わず海沿いのロードをガンガン飛ばしてました。

体力的な不安もスロージョギング効果が奏功してか?呼吸も破綻する事無く、脚もくるくる回ります。

福岡大の田中先生ありがとう!

あっという間に旧フラワーパーク(パンフ写真の場所)着。

調子に乗ってうっかり通過するとこでした(笑)。

f:id:shiriagosan:20210404172328j:plain

自転車を押して中に入ると、薄々嫌な予感はしていたのですが・・・アベックや小さい子供連れの家族という幸せを絵に描いた様な何とも気恥ずかしい世界にちょっと慌てましたな。

f:id:shiriagosan:20210404172427j:plain

「すんません、間違えました。」

あまりの場違いな感じにそそくさ退散(笑)。

その後は再び海沿いを伊良湖岬目指して景色も愛でながら、途中の激坂も今日は何か楽しく鼻歌なんか歌いながら登れました。

f:id:shiriagosan:20210404172422j:plain

登り切ったら絶景の御褒美が! ワッハッハー

f:id:shiriagosan:20210404172457j:plain

この後、向かい風攻撃と尻の痛みにえらい難儀する事になるのですが・・・

長くなるので続きはまた次回に。

 

f:id:shiriagosan:20210405075747j:plain
    全く・・・あの鉄砲玉どこまで行っとんのや?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「歩くひと」を実践してみた!

花粉の時期というのもありますが、不要不急の外出を避け慎ましくビデオなんかを観ております・・・って、いい加減もう飽きてん(笑)。

こんな時にNHKの「歩くひと」というドラマを見ていると、無性に外に出たくなって困りますな。

ちょっと散歩に行ってくる。」と、ふらっと出かけた所でいつの間にか色々な場所に迷い込んで土地の人との触れ合いや不思議な体験をしたりと、だんだんシチュエーションも奇抜に大胆になっている様な・・・

延々と続く砂浜で意識朦朧行き倒れになったり、たしか豪雪地帯の渡世人(江戸時代か?)という設定もあったな。

そのうち、ウユニ塩湖とか月面辺りも歩いていそうですが(笑)。

見ている方も県またぎで民間の自粛警察辺りに注意されないか?って

心配で冷や冷やしますな(笑)。

結構人気なのか?この前も特別編③を放送していました。

 

久し振りにようし!と思いましたな。

皆出かけて誰もいないので、庭の犬に「ちょっと走りに行ってくる!」と告げて気になっていた近くの里山へ。

落ち葉の絨毯をを踏みしめ踏みしめ・・・

f:id:shiriagosan:20210329220700j:plain

木々のトンネルを抜けると・・・

f:id:shiriagosan:20210330184609j:plain

名も無き桜の名所にタイムスリップ。

ほぼ人も皆無で、しんと静まり返って無音の世界に。

f:id:shiriagosan:20210329220626j:plain

桜もちょうど見頃で贅沢な時間を堪能、ちょっともったいないくらい(笑)。

f:id:shiriagosan:20210329220902j:plain

ただ・・・

桜ばかり10分も見ていると、ちょっと飽きてくるんですな(笑)。

「歩くひと」のドラマ内ではここで訳あり風の美女キャラの立った爺さんなどが登場するのですが・・・猫一匹出てきません。

・・・・・・

かろうじて、足元にベニシジミを見つけました。

白一色の世界でマンダリンガーネットやカーネリアンを思わせる深い宝石の輝きを放っていました。 ・・・たぶん(笑)。

f:id:shiriagosan:20210330184517j:plain

帰り道では道路脇の土手などに結構な数の菜の花が。

今まであまり意識してませんでしたが、目に優しい黄色が周囲の緑と調和しながら陽光を受けて神々しく輝いています。

f:id:shiriagosan:20210316223353j:plain

太腿辺りに疲労を感じつつ緩い坂道を喘ぎながら走っていると、

沿道の菜の花が文字通り黄色い?声援で励ましてくれている様な感覚になります。

いやはや、済まん済まん!

ただ・・・走っているだけです。小さく呟いてみたり(笑)。

最後はかなりのペースダウンで文字通り「歩くひと」を実践。

走りながら

愛でるのは 菜の花くらいが 丁度良い

ふっと思いつきましたが、あれっ?誰かの句だったか?

 

f:id:shiriagosan:20210329220810j:plain

オデは・・・草むらで うたた寝くらいが 丁度良い。

 




 

 

ペテルギウスの爆発が・・・見たかった。

ディスカバリーチャンネルの傑作選で超新星爆発の特集を見ておりました。

ええ、暇ですけんね。

以前に地球の水の起源の所でも触れましたが、

shiriagosan.hatenablog.com昔から宇宙の謎に物凄く惹きつけられるんですが、何でですかね?

前世はニュートリノかなんかだったか?

彗星の尻尾の欠片とか(笑)。

 

さて、このディスカバリーチャンネルですが、

最新の情報や難しい理論をど素人にも分かる様圧倒的に美しく迫力ある映像と併せて丁寧に解説してくれるのでおじさんもう眺めてるだけでうっとり。

f:id:shiriagosan:20210326225146j:plain

専門書の中には、難解すぎて読み込むほどに却って分からなくなるというジレンマも有ったりしますからな(笑)。

さて、今回の主役は銀河系で10番目に明るい赤色超巨星のペテルギウス

ちょっと分かる人なら冬の大三角とかオリオン座の・・・と聞けば 、ああハイハイ!となる名の知れた星のようですが、

この星は半径が太陽の750倍で、質量も20倍に迫る大きさで、530光年という軽い眩暈を覚えるくらいの距離にあり・・・

と言ってもイメージし難いですが、仮に太陽と置き換えてみると、木星の軌道の近くまで達する程の大きさだそうで、何かもうピエン通り越してパオン・・・で良かったか?

それでねえ奥さん!宇宙にはさらに遥かに巨大な星が結構ゴロゴロと存在する事が確認されていて、それだけでも何か胸騒ぎがしませんか?

・・・おれだけか?

更にはこの星の寿命が終わりに近づいていて、いつ爆発してもおかしくないとの事。

近年の研究で、爆発後14日で満月ほどの明るさになる事も計算予測されており、肉眼でもはっきり観察出来る様です。

番組内でも、ある女性研究者は夜空にこの星を見つけると・・・

「お願い、爆発して!」

祈りながら見つめているとコメントしていました。

星を見つめて、爆発しろ!ってあんた(笑)。

とはいえ、死ぬまでには何とかこの歴史的な瞬間にも立ち会いたいものですな・・・

 

と思っていたら、つい最近のニュースか何かで

最新の技術による明るさの変化の理論分析の結果、(超新星爆発までに)まだ10万年程かかりそうだとの報道も?

・・・宇宙ってやつは時間の感覚までも壮大ですな。

あとは死ぬまでに宇宙の謎がどれだけ解明されるのか・・・って、まあ他力本願ではありますが仕事帰りなんかに星空を眺めては考えております。

まあ、興味ない人にはどうでもいい話題で、すまんすまん(笑)。

 

f:id:shiriagosan:20210316222913j:plain

    オデには地球が丸い事自体信じられんが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一人山菜祭りで二日酔い!

桜もちらほら咲きだすと何となく気持ちもそわそわしてきますな。

shiriagosan.hatenablog.comそうそうこの前、妻の母親がフキノトウを買ってきてくれました。

f:id:shiriagosan:20210314233804j:plain

義母様も、良心的な価格で提供いただいた富安さんにもアリガトウ!

並びにひまわり農協産直店の関係各位にも感謝ですな。

 

数日後の夕食はヒマラヤ岩塩で楽しむ春の恵み山菜天麩羅にパルマ産生ハムと春摘みルッコラのサラダを添えて!これでもか祭りが開催されました。

都合によりルッコラは出ませんでしたが(笑)。

久々のフキノトウに思わず背筋を伸ばし一礼して実食!

ほのかな苦みとえぐみ?が鼻を抜ける懐かしい感覚に一人うち震えましたな。

若い頃は、この青臭く癖のある風味が何とも田舎臭さの象徴の様で敬遠してましたが・・・

しみじみ味わっている自分が妙に可笑しくて独りにやにや笑っているという傍から見たら要注意人物ですが、これもまあ齢を取ったという事か。

f:id:shiriagosan:20210316223111j:plain

早速、白ワインとの相性も試してみました。

TV番組でちょっと予習しましたが、講釈たれのソムリエが訳知り顔で、

山菜類の繊細な苦みと辛口ワインのフルーティーな香りや酸味のマリアージュが・・・何たら言うとったな。マリアージュって、あんた(笑)。

南フランスの風を感じて下さい・・・って?よう恥ずかしゅうも無く言えたもんですが、ほのかにプロバンス地方の土の香りがどうとかも(笑)。

一口含んで、うーん!と唸っては見たものの・・・何だかよう分かりませんな(笑)。

ならば赤ワインは?

・・・これまたよう分かりませんな(笑)。

どちらかと言えばビールの方が合うのか?

芋焼酎なら・・・ん?

って、要は何を飲んでも美味いんですけどね!

春の幸でほろ酔いのひと時を堪能しました。

shiriagosan.hatenablog.comええそうですね(笑)翌朝はきっちり二日酔い。

酒の残る頭ともたれる胃袋でぼんやり昨夜の天麩羅の残りを見ただけでげっぷが・・・

もういいと言うとるのに朝食も天麩羅攻勢に、弱々しく味噌汁でご飯を流し込んで出勤。

で、ようやく昼休憩。

やれやれと弁当の蓋を開けると、これがまたこれでもかというくらいに山菜の天ぷらが。

・・・・・・

何か夢にも出てきそうですが(笑)。

と言いながらも、アルコールが抜けて体調が戻ってきたら何だかもう春の山菜祭り第2弾のタケノコ尽くしの宴などを楽しみにしている自分がおりますが、何か?

 

f:id:shiriagosan:20210131181506j:plain

二日酔いって、しっかしまあ・・・学習せん奴やのう。

 

 

 

 

 

催花雨の休日の収穫!

3月11日の広島県で桜の開花宣言のニュースには驚きましたな。

調べてみたら例年より2週間以上も早くて観測史上2番目の速さとの事。

*3月10日(高知県2010年、和歌山県1959年)というのが最速のようです。

f:id:shiriagosan:20210316223429j:plain

ようし!と鼻息も荒く臨んだ休日も・・・

未明からの雷雨で目覚めるという悲しいスタートに。

春先の催花雨(さいかう:早く咲けと花を急き立てる様に降る雨)というそうで、また一つ賢くなりましたな(笑)。でもって今年は週末荒天のパターンがしばらく続きそうな予報も。

・・・そう来ましたか。

買い物以外は何か気分も外に向かず。

弱々しく腰をかがめて足の爪を切ったり、車のワイパーゴムの交換に手間取っている内に、家族皆それぞれどこかへ出かけてしまい、気が付けば一人・・・。

それではと、撮り溜めていたビデオを見ながらの自宅留守番係に。

まあ、たまにはそれもアリですな。

六角精児さんの「飲み鉄本線・日本旅」を見ながら一緒にビール飲んでみたり、

「君の膵臓を食べたい」に涙し、

NHKアーカイブスの屋久島 伝説の超巨大杉」に圧倒され・・・

そうそう、タイトルが気になって録画予約していた「歩く人」という番組のシリーズ、初めて見ましたよ、奥さん!

都市部に住む主人公(井浦新さん)が「ちょっと散歩してくる!」と近所を歩いている内にいつの間にか桃の果樹園や山奥の隧道や遊歩道にトリップしつつも、歩くシーンをひたすら追っかけて行く変わり種?ですが・・・

要所要所で登場する訳有り風の美女や渋い脇役陣とのやり取り、懐かしい?里山の景観などが地味に楽しめる構成でソファーに寝そべって、ぼんやり眺めているのに丁度いいですな。新しい発見でした!

何か酔いも回ってきて心もほっこりする様な贅沢な気分というのか?感覚のままいつの間にかうとうと・・・

雨上がりの庭では、強風で一部壊れて転がっていた雨樋を相手に犬が格闘しております。

ようし!と、酔ってフワフワした頭で犬も連れて散歩に出たものの、程無く鼻水と共に目の痒みが沁みる様な痛みに変わってきて・・・20分でもうギブアップですわ。不満そうな犬ころにスマンスマン!と詫びつつ自宅に避難。

えっ?と寒くて目が覚めたら、あろう事か玄関で寝てました(笑)。

「歩く人」ならぬ、ただの「酒癖の悪い人」ですな。

で、あっという間に夕方。

最近、フキノトウフキノトウ・・・と呪文の様に言っていたのを妻の母(義母)がよっぽど哀れに思ったのか?はたまた留守番の御褒美なのか(笑)?

豊川市のひまわり農協で見つけてきてくれました。

f:id:shiriagosan:20210314233758j:plain

近所の桜もちらほら咲き始めましたな。

となると・・・近所から筍のお裾分けが回ってくるのも近いか?

shiriagosan.hatenablog.com

f:id:shiriagosan:20210316222913j:plain

  いよいよ山菜タケノコ天麩羅祭りですか?